とらトラ虎之助-ニャンでもない日常 それが幸せ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての奈良観光。(後編)

<<   作成日時 : 2013/07/10 13:40   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

突然ですが、奈良と京都の違いはご存知ですか?

地元の観光案内の方に説明してもらい、私は初めてその違いを知りました。

正直なところ、今までは、「京都・奈良」とひとくくりのセットで見ていて、どちらも歴史のある古いお寺や神社が多く、世界遺産も沢山ある街
くらいのイメージで捉えていたのです。

しかし、解説を聞くとその造りは全く異なったものでした。

もともと、710年、平城京へ遷都し奈良の都が誕生します。
そこからわずか80年。

794年に都は平安京へと引越し、一旦全てのお寺が引越し、現在の京都が都として栄えることになります。

平城京も平安京も碁盤目状に道路が走った街並みです。

それは平城京をもとにして平安京を造った為です。

そこから1000年以上経った現在、奈良と京都のお寺の違いは、“どの向きでお寺が建っているか”です。

京都のお寺は東西南北あちこちの方向を向いて建設されています。

しかし、奈良のお寺は全て南を向いて建っているそうです。

もしも奈良へ旅行をした時には、そんなことに注目して観光を楽しむのもいいですよ


さて、そんな解説を受けた後に奈良まちをお散歩しました。

建物としては明治以降に建てられた建物が多いのですが、建物の造り自体は昔の形態を保っています。

昔は、道路に面している敷地の幅によって税金が課せられていましたので、間口が狭く奥に長いというのが特徴的です。

画像


ただ、それでも、部屋数や敷地を考えると結構広い造りに感じました。
これも昔の人の知恵ですね。

奈良まちでは買物をし、元興寺で飛鳥時代からの変わらぬ瓦を見、春日大社を目指しました。

その途中、浮御堂へ立ち寄り

画像


奈良公園、春日大社の参道では、寄ってくる鹿から必死にお菓子を死守しました。

春日大社の奥にある夫婦大国神社を参拝し、東大寺へ向かいます。

東大寺の南大門をくぐり、いざ!東大寺へ〜〜

画像


ポカ〜ンとして声を失うほど大きな建物の中に、これまた大きな大仏様。

奈良時代のものは、とにかくスケールが大きいな・・・と改めて思いました。

テレビや雑誌で見るだけでは、やっぱりわからないものですね。

ここで正倉院を見る予定だったのですか、あいにく整備中で門は封鎖されていました。
校倉造。見たかったな〜


それにしても、旅行中は連日の猛暑でした。

鹿たちも木陰で休んでいます。
画像


最後に法隆寺を巡って今回の旅行は終了。

次の日の仕事に差し支えない程度に帰路に着きます。


実は、今回の旅行中、私の我儘から相方を激怒させてしまいました

その罰は必ずあたるもので、激怒させた直後に新幹線の乗車券も兼ねたフリー切符を紛失。

人に嫌な思いをさせたら、必ずそれは自分にも返ってくるものです。

我儘は行き過ぎないようにしよう・・・と心に誓い、改めて新幹線の乗車券を購入して帰ってきました。

画像



良いことも悪いことも、自分が誰かにした事は巡り巡って必ず自分の元へ返ってきます。

だったら、嫌な事よりも嬉しい事が返ってきた方がイイですよね?

それならば、率先して人には親切に接しましょうね。

最終的にそんなことを教えてくれた奈良旅行でした


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めての奈良観光。(後編)  とらトラ虎之助-ニャンでもない日常 それが幸せ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる