自らの心と書いて「息(いき)」

息には、その時々の自分の心が表れている。

胸が詰まって「息苦しく」なる。
心に思い煩う事があるとき、或はホッと胸を撫で下ろすとき、溜まったものを吐き出すように思わず出てしまう「溜息」。
はっとした時には「息をのむ」。
静寂の中で「息を潜める」。

息を整えることは心を整えることに繋がる。

“息”を意識してみると、今の自分の“心の在り方”が見えてくるかもしれない

あなたは今、どんな「息」をしていますか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード