どう考えてもわからない

10月に入り、季節は一気に夏から秋へ

行楽に出かけるにはとても快適な季節になりましたね。

さて、最近は11月のイベントに向けて準備を始めました。

いつもイベントといえばカラーカードでこころ色セラピーをしますが、今回は趣向を少し変えて、「ドライハーブでサシェ作り」をすることにしました。

サシェを作るときに何か1つ自分なりの考えを盛り込みたいなと思い、サシェの外袋をハーブ染めした布を使用することにしました。

そこで染めてみたのがこんな感じです
画像


向かって右から、ナチュラル(未染色)、赤紫蘇(酸性抽出)、ブルーベリー(酸性抽出)、玉ねぎの皮(中性抽出)で染色したものです。

ブルーベリーと玉ねぎの皮で染色したものは原料の色から納得出来るのですが、赤紫蘇はどう考えても何故この色になったのか分かりませんでした。

だって、夏には梅干しの赤色をつけるあの赤紫蘇なのに、どうしてブルーなのーー!???という感じです。

赤紫蘇の染色液に漬け、干した時はちゃんとピンク色をしていました。
ところが乾いてみると、ご覧の青色。

やってみないとわからないものですね。
人と人とがきちんと向き合ってみないとどんな人かわからないのと同じです。

何はともあれ、あとは赤系の材料を何か探して染めてみることにします。
ハイビスカスとローズヒップを混ぜたもので何とかなるかな


読み終わったら、ポチッと応援お願いします♪♪
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード