体で感じる感動

ヨガを始めて2年半。

呼吸法や色々なポーズが体に馴染み、ポーズをとっている時の感覚に少しずつ目を向けることが出来るようになってきました。

ヨガを始めて改めて感じたのが、自分の体の柔軟性の無さ・・・

特に、膝裏と股関節の柔軟性が無いようで、足をスラリと美しく伸ばすことが出来ません。

そんな私の体に対して自分で決めた課題は、少しずつでいいから、“まだ、そこ伸びるよ!”と感じながらポーズを丁寧に行っていくこと。

そんな心がけでヨガを行っていたら、ついに先日、『下向き犬のポーズ』が出来ました

絶対無理だと思っていたポーズの1つです。

『下向き犬のポーズ』は、

両手を肩幅に広げ床につき、両脚を腰幅に広げ、かかとまで床につきます。
そして、お尻を天上へ向かってヨイショとあげ、手・お尻・脚で三角形を作るポーズです。

犬が、ワン!と吠えている時のイメージですね。

膝がどうしても曲がってしまうし、かかとも床につくことが出来ないし・・・膝裏痛いし・・・の繰り返しでしたが、「あれ?手で床を押すと、もうちょっと伸びるんじゃない??」と、ふと感じ、それをソロリソロリと少しずつ行い伸ばしていったら、スッと出来ました。

ヨガは、正しい姿勢でバランスがとれていると、決して痛くないといいます。

この瞬間は本当にそんな感じでした。

体が喜んでいるのもよくわかります

適度に体を動かし、適度に汗をかくことに少しずつ喜びを覚えてきた今日この頃です


読み終わったら、ポチッと応援お願いします♪♪
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード