心は、まだ夏色?

気がつけば、あっという間に11月。今年も残すところ2ヶ月となりました。
悔いのないよう1日1日を大切に過ごしていきたいですね。

紅葉も山から里へ徐々に下りてきます
日本の秋を体全体で味わいたいですね。

さて、趣味になりつつあるハーブ染め。

今回は、マリーゴールドに少しミニ向日葵を加えて染めました。

イメージは薄い黄色で仕上がるかなと思ったのですが、思った以上に色が出て、黄緑色っぽい色になりました。
画像


マリーゴールドは、キンセンカとも呼ばれますが、ハーブの世界では「カレンデュラ」と呼ばれるのが一般的です。

ハーブティーにする時には花の部分を使用し、抗菌・抗炎症作用がある為、浸出油を作って肌荒れしたときのお手入れや、切り傷、刺し傷、また軽い火傷のケアにも使用します。

マリーゴールドと向日葵。実は、意外な共通点があるんですよ

現在のサンフラワーといえば「ひまわり」ですが、コロンブスのアメリカ大陸発見までは、「キンセンカ」がサンフラワーと言われていたんです。

キンセンカは太陽とともに花が開き、日没には花を閉じますからね。

今回使用したのはミニ向日葵ですが、向日葵の花をよく見たことがありますか?

向日葵の花は、大きな1つの花のように見えますが、実はたくさんの花が集合してあの形になっています。

黄色い花びらと思われている部分を「舌状花」、種子が出来る部分を「管状花」といいます。

舌状花の部分をホワイトリカーに1ヶ月ほど漬ければ、薬用酒の出来上がり。

咳・痰など風邪の症状に適応します。

ヒマワリ油も植物油として徐々に注目されてきていますよね

気付けば、何だか黄色が部屋に増えてきた今日この頃。

黄色い部屋の芳香剤(左奥)、黄色い気圧計(右奥)、黄色い鶴(右手前)に今回の黄色に仕上がった染物。
画像


素直さの現われだったらいいな~・・・なんて眺めながら思うのでした


読んだ後には、ポチッと応援お願いします♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

fairy
2011年11月04日 13:01
素敵♪
2011年11月05日 21:10
fairyさん。
知れば知るほど植物の奥深さと歴史の深さを感じます。まだまだ勉強することばかりです

この記事へのトラックバック

QRコード