“今”があっての“未来”

今日は雨ですね。

最近の天気予報はよく当たるなーと思います。

この雨で桜が散ってしまうかな・・・と思ったので、少し様子を見てきました。

満開の桜は、朝は多少散っているものの、まだ満開状態を保っていました。

強風や、地面に叩きるける様な強い雨には敵いませんが、シトシト降る雨には案外強いようです

ところで、皆さんの中で、「桜が散るイメージ」は、どのような感じでしょうか?

桜吹雪というように、花びらがヒラヒラ舞い落ちる感じでしょうか?

私の中で、桜の散り方は二通りあるように感じています。

1つは、花びらが1枚ずつヒラヒラ散るイメージ。

これは、咲き始めに多少雨が降ったとしても、桜の開花には影響が無く、開花から散り果てるまで暖かい日が続いた時。
桜にとっては、好きなだけ咲ききって心おきなく散っていった感じ。

もう1つは、花が開いた状態で、花の形を保ったままガクの部分から落ちる(散る)イメージ。

これは、一時期は暖かくなったので桜は開花したけれども、開花から散り果てるまでを考えると比較的寒い日が多かった時。
桜にとっては、開花したものの気温が低いから花を切り離したという感じ。

昨年は前者、今年は今のところ後者にあたるかなと思っています。

そんなことからも、毎年気温の変化・気候の変化を感じます

秋の紅葉にしても、一面が輝くように染まる年と、何となくまだらなまま落葉していく年がありますからね


花の咲く時期、新芽の出方、紅葉の色や進み具合、葉の散り方・・・etc
そんな1つ1つの自然の変化から、ひとつ先の季節の気温をある程度予測する事も出来ます。

天気予報を思い出してみてください。
「昨年の夏の気温が××だったので、今年のスギ花粉が□□です」
なんて、言ってますよね

1つ1つの今の状況が、1つ1つの未来へと確実に繋がっているのです。

未来の為に、“今”あなたは、何をしますか?


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード