想定外のハーブたち

本日は「処暑」。

暑さも山場を越え、少しずつ秋の気配が感じられる頃でしょうか

最近の気候からいえば、なかなかそうもいきませんが・・・

さて、そんな暑い中でも植物たちはマイペースに各々の時間を刻んでいます。

ホテイアオイが綺麗な紫色の花を咲かせました。優しい色合いで、私はこういう色がやっぱり好き
画像


そして、今年の春先に購入した「ネトル」。
小さく丸い球状の蕾がたくさんついています。
画像


ネトルはイラクサ科。

全体に細かい棘があります。

購入する時も、「棘があって刺さるので、軍手をして気をつけて触ってくださいね」と言われました。

もちろん、棘があることは知っていましたので、「はーい♪」なんて気軽に返事をして持ち帰り、注意しつつ触ったつもりが・・・
見事に棘が刺さりました。

しかも、痛さを甘くみていたこともあり、想像以上に痛かったです

ネトルの効用は、リウマチやアトピーなどアレルギーの体質改善。
花粉症もアレルギーの一種なので、春先、症状が出る前にネトルのハーブティーなど飲んで予防するとよいですね。

ドイツでは、現在でも「春季療法」としてネトルは利用されています。

繰り返すようですが、植物そのものを触る時には、棘にご注意を!
人によっては、刺さった所が腫れたりしますからね。


ちなみに、冬頃からジャスミンも育て始めたのですが、最近は、ツルが伸びる伸びる・・・
ツル性の植物だということを育ててみて初めて知りました。

本で勉強しているだけでは、わからない事がたくさんありますよね。
実際やってみると、驚きや想定外の連続です


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード