初めてのドライハーブ作り

庭のハーブが勢いを増してきたので、間引きをしました。

現在のハーブガーデンは、ハーブを植えて2年目ということもあって、これからバランスを考えていかなければなりません。

おそらく、多くのハーブが移植を余儀なくされるでしょう

さて、そんなこともあって、間引いたハーブをそのまま捨てるのも勿体ないと思い、以前からチャレンジしてみたかったドライハーブ作りをしました。

といっても、そんなに大したことをするわけでもなく、間引いたハーブを輪ゴムで結んで風通しの良い、日陰に逆さまに干しておくだけです。

まずとりかかったのは、ネトルです。

所狭しと生えているネトルを・・・

画像


適当に間引きして輪ゴムで止め、逆さまにつるして・・・

画像


コーンフレークみたいにパリパリになったら・・・

画像


完成です

画像


そして、これでぜひ試してみたいのが、ハーブ染め♪

今の理想は、自宅のお庭で作ったハーブをドライなりフレッシュなりで使いながら、ハーブ染めの講座でも出来たらいいな~ということ。

でも、それには、まず自分が出来なくてはなりませんし、人に教えるのであれば、目分量で・・・というわけにはいきませんからね。
それなりに既定の量を決めておかないと。

そんなあれこれを考えながら、「どのハーブを使おうかな~」って作業をしているのはとても楽しい時間です


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード