やっぱりこの色は好き!!

今日から9月。

1日1日と確実に月日は流れ、着実に季節は秋へと向かっています

そして、本日から一宮の真清田前の参道では「一の市」と称した市が立ち、今後毎月1日に開催されます。

私も声をかけて頂いたこともあり、自作した商品をいくつか出品することになりました

自作したものを世に出すなんて始めてのことなので、ドキドキです!

興味のある方はぜひ、お越しください。


あいにく本日は都合が合わず、商品だけを出品という形になりましたが、それでも天気に恵まれたので本当に良かったなと思います。


さて、先日、母から

「この白いストールかったんだけど、味気ないから染めてほしいの。私の似合う色に」

と、注文を受けました。

母からの依頼とはいえ、私にとっては、初めて“人のために染める”染物です。

しかも、「私に似合う色」って・・・

さて、どうしたものか

何日か考えた結果、以前、「これ、とっても素敵ね~」と言っていた、玉ねぎで染めることにしました。

玉ねぎで染めるというと、よく、「え!?玉ねぎって、あの玉ねぎですか!!?」なんて言われますが、そう、この玉ねぎです。

画像


玉ねぎの外側の茶色い皮を使って染めます。

驚くことなかれ。これが今まで染めた中で一番ムラなく綺麗に染まるんですよ


まずは、玉ねぎの皮をだしパックに入れて、水から沸騰するまで炊きます。
沸騰したら、火を止めて、15分ほど色を抽出します。

すると、こんな黄金色の液体になります。

画像


抽出が終わったら、玉ねぎを取り出し、染めるものを投入し、混ぜながら中火で抽出液の温度を60℃まで上げます。
60℃になったら、染めるものに媒染液がかからないように、ミョウバンの媒染液を小さじ2杯入れます。

最初、投入した時はこんなオレンジ色なのですが、

画像


媒染液を入れると、一気に濃い黄色へと変化します。
う~ん・・・不思議♪

画像


媒染液を入れ、15分ほど浸けた後、温度を80℃まで上げ、80℃を保ちながら10分ほどかき混ぜながら染色液を染物に馴染ませます。

そして、火を止め常温まで冷ましましょう。
常温まで冷めたら、水洗いし、乾かします。

すると、こんな綺麗な黄金色に染まるんです。

画像


もともとオレンジ色や黄色はどちらかといえば苦手な色の部類なのですが、玉ねぎで染まるこの色だけは、心にとても気持ち良い色として入ってくるんですよね~

染めた後、早速母に渡したところ、とても喜んでくれました。

誰かのために染める色というのも、また、いいものですね



あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード