意識して、変えてみる

最近、意識して「敢えて」何かを行ってみることにした。

「意識して」、自分の時間を確保してみる。
「意識して」、今まで行っていたことをやめてみる。

「意識して」行ってみることで、そこから新たな発見が生まれ、「そうだったんだ!」と思うことがいろいろと出てくる。

自分一人の時間が出来ることで、「さて・・・何をしようか?」と改めて考える。

いつも誰かと一緒だと、性格上、どうしても相手主体で相手に合わせてしまうから。
自分が何をしたいかなど考える思考が止まってしまう。

私の中ではそれでいいんだと思っていたけれど、少しずつ気が付かないうちに自分の中の歯車に狂いが出てきていたみたい。


一人の時間を確保して、まず行ったこと。

それは、「掃除」だった。

最初は何気なく始めた整理整頓だったけれど、いつしか、「そういえば、あそこの戸棚、ずっと気になっていたんだ!」とか、「あそこの荷物、一度処理したかったんだ!」とか、次から次へと“ずっとやりたかったこと”が思い浮かんでくる。

それを一つ一つ処理していくと、心がスッキリしていくのを感じる。

それを感じて、初めて、「ああ~・・・私、これがしたかったんだ・・・」と、自分でも気が付く。


色々な人の、「○○へ行ったよ~」っていう情報なんかを見ていると、楽しそうで、「私もどこかへ行きたいなー」なんて思うけど、実際出かけてみても「何か違う・・・」と思ったりする。

それはきっと、出かけていても“出かけることを利用して果たしたい「目的」”が実際とはズレているからなんだよね。

その目的は、もしかしたら、出かけなくても果たせることなのかもしれない。

その行動で一体自分がどうしたいのか?

それがわからないと、ただ周りに気を遣うだけで結局疲れてしまう。


たまには「意識をして」立ち止まってみること。

それもとても重要なことだと思う



あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード