初めてのお味噌作り

寒い!!日が続いていますね

こんな寒空の中、連日「山城攻め」を行っています。
岩村城、苗木城、美濃金山城等々。

時には雪もあり・・・
「何かの修行か!?」と、自分で思うことがありますが、そのお話はまたいつか(;^ω^)

さて、我が家では味噌文化ど真ん中の「名古屋」に居ながら、味噌汁を好んで頂くのは私だけ・・・という状況。

その為、ど~んと味噌を購入しても消費するのに時間がかかるので、普段はインスタントで済ませていました。

しかし、それも積み重なると、「う~~ん・・・何だかなぁ(+_+)」という気持ちになってきたので、いっそのこと自分で作ることにしました。

というのも、今の仕事に転職する前、前職では個人のお客さまとお話する機会が多く、以前、瑞浪市の山奥のとある一軒のお宅に伺ったときのこと。

その地域は昔は養蚕業が盛んで、そのお宅の二階もお蚕様の住処でした。

仕事そっちのけでそんな昔話をお爺さんと話し込んでいた時に、「お味噌」の話になり、「この辺りの家では、自分で味噌くらい作るのは当たり前だよ」というお話があり、「え!今時まだ味噌や醤油を自宅で作っているの!?」と、非常に衝撃を受けました。

しかし、それ以来、ず~~~っと十年以上も頭に残っているんですよね。
「確かに、自分で食べるものは自分で作りたいな。」という思いが。

そこで、偶然味噌作りのWSを見つけたこともあり、この機会に自分でお味噌を作ってみることにしました(*^-^*)

店内は、間接照明が程よくとっても落ち着く空間♪
こういう場所、大好きです💛

画像


お味噌作りの材料は、大豆、天然塩、糀。と、いたってシンプル。
あまりのシンプルさに、「それだけで出来てるの」と、驚かされました。

画像


材料を全て混ぜ、大豆を揉み揉み、最後はふみふみして、とにかく潰す潰す。
うどんやお蕎麦も踏んで捏ねると聞きますが、「踏む」という感触が初めてで新鮮

ここでのポイントは、「おいしくな~れ♪」と、思いながら潰していくこと。
決して、「こんにゃろ!(誰かへの)日頃の恨み~~~!!」なんて思って捏ねてはいけませんよ。笑

画像


大豆が潰れたら、空気を抜きながら丸い団子状の塊をつくり、保存容器へ。
並べたら、上から空気を更に抜くように平らに潰してならし、塩を振ってラップをして空気を遮断したら下ごしらえ完成です(*^-^*)

画像


後は好みの味になるまで熟成を待つのみ。
ちなみに、発酵している間に浮いてくる液体が「たまり」です。
そう。たまり醤油の「たまり」です。美味しく頂くのが楽しみです♪

甘酒屋、大豆の煮汁、色々なお味噌も試食させて頂けて、とても奥深い知識を学んだひと時でした

画像


これからどんな風にお味噌が仕上がっていくのかが、とても楽しみです




あなたのひとポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード