とらトラ虎之助-ニャンでもない日常 それが幸せ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌いなものと魅かれ合う

<<   作成日時 : 2015/06/19 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前にもお話したかもしれませんが、実は、今年に入ってから、本業の傍ら、週に2日間だけ塾の講師もしています。

初めは不安もありましたが、2日間といっても、学習塾ですので、数時間でお仕事は完了します。

そして、担当する頂く教科が「国語」ということもあり、子供たちに勉強だけではなく、生きていくうえで人として大切なことを伝えていきたいと思ったので引き受けました。

ようやく、最近は慣れてきたかな。

どうやったら、生徒が理解しやすいのか。
どうやったら、伝わるのか。

試行錯誤しながら、授業を進めていますσ(^_^;)


さて、そんな風に今は『先生』と呼ばれる立場にいるわけですが、ふと昔を振り返れば、『先生』という立場は、自分が絶対にならないような立場だと思っていました。

無理というよりも、嫌いだったからです。

この先生が嫌いということではなく、先生という立場が嫌だったのです。

そして、国語の成績もそんなの良いほうではありませんでした。

むしろ、いつもテスト前に苦労していた教科です。

問題に、「作者の気持ちを答えなさい」とか、「この時の状況を要約しなさい」

などという問題は、必ず『×』でした。

そして、なぜ間違えたか自分には全く分かりませんでした

私の中では、「この時は、こう思うでしょ!」という思いしかありませんでしたから。笑


そういういきさつもあり、そんな私が今、国語を子供に教えているということは本当に不思議なものです。

しかも、今、模試などを生徒と共に解いてみると、ほぼ満点が出るので、自分でも驚きです。
私の、これまでの人生で、何がこうさせたんだ・・・・?と。


そういうことは、他にもあります。

例えば、今では長期休暇には長期旅行へ出かけますし、大河ドラマや歴史番組などもよく観ます。

しかし、国語と同じくらい社会も苦手で嫌いな教科でした。

「こんな昔のことを覚えて何になるの?」
「他の県の地理や特産・名産なんて覚えたって何の役にも立たないじゃん」
「国会や政治のことなんて自分に関係ないし」

そんな風に思って、毛嫌いしていました。

しかし、これも今思えば、昔から繋がる歴史があってこそ、今の私たちの時代があります。

だから、昔の人たちが何を考え、どのようにして今の時代を作ってきたかを知ることは、今を生きていく私たちにとって非常に重要なことです。

知ることで、過去から続く時代の中で同じ過ちを犯すこともなくなり、成長をします。


また、自分が住んでいる以外の他県や他国のことをしることで、旅行をしていても楽しくなりますニコニコ

「ここの名物は、これなんだよね〜♪どんな味なのかな?」
とか、
「ここが、あの有名な景色の場所か!」
とか。

前もって知っていることで、その場その場にプラスアルファの楽しみが出来ます。


また、勉強の話からはズレますが、初めて就職をする時、

「営業」という仕事は絶対にしたくないから選ばない!

と決めていたにもかかわらず、就いた仕事はバリバリの営業職でした。

しかも、やってみると、案外成績が良かったのです(^▽^;)

周りからは、「営業向きだね」と言われ、不思議でしたね。


そんな色々なことを思い起こしてみると、昔聞いた言葉を思い出します。


『人間て、「絶対に嫌い!!」って思っていることに一生涯携わっていくことになるんだよ』


と。これは、中学時代の恩師の言葉でした。

これを聞いた当時は、「嫌いなんだから、そんなことあるわけないじゃん」と、聞き流していましたが、

「嫌い」

ということは、それだけ強く「興味がある」ということなんです。


よく、「好き」の反対を、「嫌い」と答える方がいらっしゃいますが、私は、「好き」の反対は、「無関心」だと考えています。

「好き」も「嫌い」も、ベクトルの方向は違っても、同じくらいその物事、時には人かもしれませんが、そこに興味がある。

そもそも興味や関心が無ければ、好きも嫌いもないわけです。

いわゆる、「どうでもいい」「どっちでもいい」というものです。

だから、「嫌い」は、好きと同じくらい興味関心があるということ。

私も、自分では気がつかなかったけれど、国語も社会ももともと興味はあったんですよね


ただ、自分で理解できないから、「嫌い!」と思ってだけ。

だから、その楽しさを知れば、「嫌い」が「好き」に変わるわけです。


皆さんもそんな心当たりはありませんか?


今、「嫌い」と思っていること。
あるいは、それで悩んでいること。

そんなことがあるとしたら、諦めるのではなく、ちょっとだけ見る方向を変えてみてください。

やり方を変えてみてください。

そうすると、案外、「あ、好きかも・・・・」と思える部分が出てきます。


無関心なことに関心を向けるのは難しいかもしれませんが、嫌いを好きに変えるのは、思っているよりも簡単なことなのです('-^*)/

ちなみに、恋愛でもこのメカニズムは同じですよ。笑


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嫌いなものと魅かれ合う  とらトラ虎之助-ニャンでもない日常 それが幸せ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる