山陰ぶらり旅

GWを利用して、初めて山陰地方へ行きました。

天橋立から鳥取砂丘、そして水木茂ロードを経由して出雲大社、石見銀山へ。松下村塾のある萩の町をサイクリングしつつ、最後は関門海峡を渡って九州へ上陸。

各駅停車の電車ぶらり旅でしたが、今まで旅をしてきた太平洋側とは全く違う景色と空気でした。

鳥取砂丘では、心待ちにしていたラクダと対面を果たし、水木しげるロードでは数々の妖怪と戯れ、

画像


角島の入り口ではまさに某車のCMの景色が目の前に広がりコバルトブルーの海に感動しました。

画像


途中立ち寄った、歩くとキュッキュッと音がするという鳴き砂の砂浜では、どれだけ歩いてみても聞こえてくるのは波の音だけ・・・
少々、砂を持ち帰り器で擦ってみたところキュッキュッと確かに鳴いてくれました。

以前関門海峡を渡ろうとした時は工事の為通行止めでしたが、今回は歩いて渡る事が出来ました

海の下を歩いていると思うと、何とも不思議な感じがしました。

久しぶりの長期旅行だったこともあり、日々の生活とは違う時間の流れの中で、多くの景色を見て、多くの人々との会話や温かさに触れ、多くのエネルギーを頂いた気がします。
また明日からの活力にしていけたらいいな

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード