「啓蟄」。物事も動き出す時期

アッという間に3月になりました。

本日は、「啓蟄」 です。

二十四節季のひとつで、土の中で冬眠していた虫たちが、モゾモゾと動き出す時期ということですね。

そもそも、二十四節季というのは、農業をしている人達にとって暦の上で非常に重要な季節の目安になるものです。

この時期には、土を耕すのが良い。
この時期になったら種まきをする。
この時期になったら、あれをする、これをする、・・・

と、季節を二十四に分けた二十四節季をそれぞれの季節の変わり目として、1年の農業を進めていくのです。

その二十四節季には、植物や農作物、そして虫たちの成長や動きが非常に大きく関わっているのです

さて、つい先日までは、風も冷たく体も心も至る所から冷えてしまうような寒さでしたが、ここ2、3日はポカポカ陽気です。

暖かくなり、春になると毎年心も体もウズウズ動き出します。

今年もそんな感じ♪

今年のテーマは、「古いものを処分して、心機一転しよう!!」のようです。

“今”こういうことをしたい気分
という心の動きに従って行動を起こしていくと、自然と自分の行動に共通点が見えてきます。

それが、「古いものの処分」でした。

「ものは大切に」「直して使えば使えるさ」
という性格上、あれこれ溜めてしまうことが多いのですが、最近は、「一度ここで処分して、新しいものにかえよう」と思うことが多くなりました。

そして、服も物も何となくサーモンピンクや赤い色のものが増えています。

先日、商品名を知らされず香水を嗅いで一番しっくりきたものは“evolution”。
進化、発展という意味です。

自分の中で、何か変化してきている時期なのかなと、物事を通して感じる今日この頃です


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード