初めての奈良観光。(前編)

久しぶりの旅行へ行ってきました。

旅行といえば、結婚前は毎年、GWとお盆休みの年2回、10日間程日本各地へ出かけていましたが、結婚してからは何かとバタバタしていたので、ずっと行けずにいました。

今回は、西日本の中で唯一足を踏み入れたことのなかった奈良県へ行きました。

初めての奈良にワクワク

世界遺産も多いので、出来るだけ効率よく巡るようにしました。

奈良県へ到着後、まずは腹ごしらえです。
名物の柿の葉寿司。

画像


光もののお魚は苦手ですが、すごく美味しく頂きました。

腹ごしらえをすませて、まずは世界遺産の薬師寺です。

東塔を目的に行ったのですが、あいにく解体修理中。

画像


ハスの花が綺麗に咲いており、修学旅行生もたくさんいました。


薬師寺を出て、そのまま徒歩で近くの唐招提寺へ。

鑑真が開いたお寺です。

唐招提寺までの道のりに並ぶ塀の屋根には、これこそまさに「鬼瓦」という瓦がたくさんあります。

今ではあまり見かけなくなっていますが、昔の人は、こうして魔除けを行っていたのですね。

画像


唐招提寺では、教科書にもよく載っている鑑真の像が公開されていました。

「あ~・・・見たことあるわ~・・・」という感じ。
だんだんと学生時代に習った社会科の授業を思い出してきました。


唐招提寺を出て、電車を乗り継ぎ飛鳥駅に到着。

時代は一気に遡ります。

高松塚古墳の障壁画の復元図を見、石舞台古墳を見、聖徳太子の誕生所も近辺にありました。
画像


こういう誕生地を見ていると、冠位十二階を定め、十七条の憲法をつくり等偉大な事をしてきた人ですが、生まれたところは特別なところではなく、私たちと同じ日本のとある地域。

私たちと変わらない日本人なんだな~、同じ人間なんだな~・・・と、何となくしみじみと感じました


後半へ続く


あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード