甲州ぶらり旅

新緑も美しい季節となり、久しぶりに列車でぶらり旅へ行ってきました

今回は、3泊4日で、下諏訪から甲府、そして三島を巡ってきました。

毎回のことを考えれば、今回の旅程は非常に短い、長期旅行ならぬ中期旅行?という感じでしたが、それでも十分に楽しむことが出来ました。

今年は、年明けから、やけに周りで、『諏訪大社』という言葉を耳にしていましたので、まず行きたかったのは諏訪大社です。

パワースポットとしても人気がありますしね

塩尻から乗り換え、電車で下諏訪に降り立った関係上、最初は下社秋宮からまわりました。

画像


不思議と、ここに足を踏み入れた瞬間、とても清々しい風が私の中を通り抜けたのを感じました。

参拝をすませた後、甲州街道と中山道の合流点を通過しつつ、中山道を通って春宮へ向かいました。

これまた不思議なもので、秋宮で感じた風と春宮で感じた風は違うものなんですよね~

中山道も趣がありました。

画像


この辺りは温泉街ということもあり、あちこちの家から、「お風呂行ってくるわ~」という声が聞こえてきたのが、何とも心地よかったですね。


さて、下諏訪を後にし、一路、甲府へ向かいます。

甲府といえば、やはり、甲州の武田信玄!

私は特別戦国武将に詳しいわけではありませんが、こうしてお城や戦国武将の足跡を辿っていると、段々と覚えてくるものです。

というわけで、武田神社へ。

画像


意外に賑わっていました。


甲府といえば、もう一つの今回の楽しみは、山梨県側からの富士山の眺めと、静岡県側からの富士山の眺めの違いです。

よく、「どちらが表で、どちらが裏側だ!?」という話を耳にしますが、その眺望はどれほど違うのか、自分の目で確かめてみたかったのです

何といっても、世界遺産!日本一の高さの山ですからね。

まずは、山梨県側。

画像


そして、静岡県側。

画像


どうです?皆さんは、どちらが表で、どちらが裏側だと思われるでしょうか


その後は、甲府から身延線へ乗って富士へ抜けましたが、これが今回の旅行では一番辛い場面でした・・・

電車の乗車時間が3時間半。

おそらく、今までの旅行の中で最長の乗車時間だったと思います。
さすがの私も、富士駅に着いた時には、グッタリしていました

しかし、こちらへ戻ってきて、山梨の大学へ通っていた知人に話を聞いたところ、あの身延線に乗って、1時間半をかけてアルバイトへ行っていたというのですから、心から感心しました。

凄い人もいるものです・・・

そして最終日は、信玄像が鎮座する三島から富士山を横目に家路につきました。

短い行程かな~・・・なんて思っていましたが、とても充実した旅行になりましたよ(^^)

さて、次は、どこを目指そうかな♪



あなたのポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード