マイペースがいいんじゃない?

秋分の日も過ぎ、日に日に秋が深まる今日この頃。ようやく、外での仕事や外出も楽になってきました。

現在の住まいに引っ越してきて以降、庭の草むしりは義母と義父に甘えっきり。
「ありがとうございます。」と、感謝しつつもなかなか手伝うこともありませんでした。

そんな毎日でしたが、義母も義父も高齢ということもあり、あまり甘えてばかりいるわけにもいかなくなりました。
日に日に生えてくる草の茂みを見ては、「誰かやってくれないかな~・・・」なんて甘い気持ちばかり。
自分がやらなくてはいけないと思いつつ、なかなか手を付けられずにいました。

しかし、台風が去った翌朝、「あれだけの大雨が降った後だし、今までより涼しいし、草むしりもしやすいかな?」なんて、突然やる気が起こったので、「ちょっとだけ♪」という軽い感じで始めました。

実際に草狩りをしてみると、風も心地よく意外に楽しい
草を刈った分だけ綺麗になっていく。
それが私にはとても気持ちの良いものでした。
何だか、心の中のモヤモヤや溜まっているものまで綺麗に刈り取られていく感じで。

それからというもの、朝の日課として2~3日に1度、庭の草むしりをしています。
もちろん、1度に出来るのは自分の周り半径1mほどの範囲ですが、続けてみるとどんどん綺麗になっていくので「楽しいな~」と思います。

そして、ついには空きスペースが出来、ネギを植えることも出来ました
自分の手で草をむしって綺麗にした場所に作物を植える。
今までにない喜びです。

画像


草を刈るうえで常に実家の父に言われていたことは、「草むしりをするなら根切りは必須」ということでした。
最初は何もわからずに、ただ草を抜いて、でもまた生えてきて、「っっっもーーー!だから嫌!」と思っていたのですが、根切りを意識してやってみると、確かに草が生えてこない。
やっているうちにどいう角度でどのように道具を使ったらよいのかという感覚もわかってきて、「こういうことか!」と、手に伝わる感触に感動。

人から見たら”草むしり”なんて大したことではないかもしれない。
でも、こうして実際に考えながらやってみると、「綺麗になったところには何を植えようか」とか、次の楽しみも湧いてくる。
外で何かをするにはちょうど良い季節。
今まで以上に今年は成長したいですね


あなたのひとポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード