生命力と成長力

ハッピー・ハロウィ~~ン♪
ということで、今日は様々な場所で悪戯オバケが出るのでしょうね
お菓子を用意して、待ち伏せしなければ・・・。

さて、金木犀もすっかり散り果て、風は冷たく一気に冬模様。というこの日。

久しぶりに、以前使っていた通勤路を走ってみました。
というより、偶然通ることになりました。

前職を離れて約5年。懐かしさも感じながら走っていると、とびきり印象的なのはやはり”金木犀”でした。

以前このブログでもご紹介したこともありますが、私が通勤路として使用していた道路には中央分離帯に、ズラリと金木犀が植えられています。

秋にその花が開花する頃には、窓を全開にしてどこからともなく香ってくる金木犀の甘い香りを感じながら車を走らせることが1つの楽しみでもありました

そんなある日、目を疑うような光景を目の当たりにしたのです。

それは、つい今朝までこんもりと茂っていた大きな金木犀の木々が軒並み「丸裸!!」。
「え・・・!主軸の幹しか残ってないじゃん」という状態。

唖然としました。
これでは、「枯れてくれ」と言っているようなものだと本当に心から思いました。
行政側の意図もわかるけれども・・・これはさすがに酷いんじゃないか(TT)と。

1年経ち、2年経ち、それでもバッサリと切られた金木犀たちは、少し葉っぱが出ていても目も当てられないような状態です。
そして、その後退職した私は、その道を通ることもありませんでした。


そして今日、久しぶりにその道を通っていると、以前にも増してこんもりと大きく力強く金木犀の木々が立ち並んでいるではありませんか

本当に驚きました。

私が見なかったその数年の間に、少しづつではあるけれど、その枝を伸ばし葉をつけ、そしておそらく少し前には薫り高い満開の花を咲かせていたことでしょう。

植物の生命力とは恐るべし!!

そして、金木犀を見ながら、ふと思うのです。
「この木々が言葉を発することもなく少しずつ成長し、再生し、さらに大きくなっていたこの数年の間に、自分はどれだけ成長できたのだろうか・・・?」と。

『目にはさやかに見えねども』
少しずつでも積み上げていけば、いずれは必ず大きくなることが出来るのだよねと、しみじみと感じた並木道でした

画像



あなたのひとポチッが、私の大きな励みになっています♪♪
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード